紫外線や雨による住宅の傷みを解消して快適な家に住もう

雨漏りを防ぐ

real estate

屋根材のノンアスベスト化

屋根塗装は、雨漏りを防ぐためには非常に有効なリフォーム工事です。屋根は、建物の中で最も多く日光を浴びる場所です。そのため屋根材は乾燥しやすく、徐々に劣化していき、やがて割れてしまいます。屋根材が割れると、そこから雨水が内部に入り込んでいくことになります。それを防ぐことができるのが、屋根塗装です。 昨今の建物では、この屋根塗装が頻繁におこなわれるようになってきています。なぜなら、2000年頃から屋根材におけるノンアスベスト化が進められているからです。有害物質を含むアスベストを使わない、安全な屋根材が作られるようになってきたのです。新しい屋根材は、安全性は高いのですが、耐久性の面でやや劣ります。そのため昨今では、割れることを防ぐための屋根塗装がさかんにおこなわれているわけです。

屋根塗装や屋根の葺き替えの需要

現在では、ノンアスベスト屋根材は、割れにくい頑丈なものへと改良されています。また、割れる心配のない金属製の、ガルバリウムという屋根材も使われるようになってきています。金属ですが、錆びにくいように加工されています。そのため屋根の耐久性は、かなり高くなったと言えます。 ただしそういった頑丈な屋根材が使われているのは、近年新しく建築された建物、あるいは屋根の葺き替えをおこなった建物のみです。つまり現在存在している建物の多くが、屋根塗装を必要としている状態なのです。 そのため、屋根塗装の需要の高まりは、今後も続くと予想されています。また、屋根塗装ではなく新しい屋根材への葺き替えの需要も、高まっていくと考えられています。