紫外線や雨による住宅の傷みを解消して快適な家に住もう

植物を使う

real estate

エクステリアに植物の存在

庭づくりは、エクステリアの一環として取り扱われています。庭づくりに必要なエクステリア商品は非常に豊富であり、自分なりのアレンジが幅広く行えるものです。エクステリア資材を用いて庭づくりを行うにあたって、注意しなければならないのが緑とのバランスです。エクステリア資材のほとんどが落ち着きある色でまとめられていますが、それだけに頼ると人工的な庭となってしまいがちです。緑は必要不可欠なものであり、植物を用いる事で自然的な庭、清潔感ある庭へと変える事が出来るのです。 しかし、植物を用いる事でメンテナンスが発生してしまう事が現実です。現在、エクステリアリフォームに限らず、新築時の外構によっても緑化の促進化が行われています。今後は、メンテナンスの必要性が少ない、手間の掛かりにくい植物選びが求められる傾向が予測されます。

植物を用いる際の注意点

エクステリアに植物を用いる場合には、様々な注意点があります。メンテナンスの必要性が少ない植物は数多く存在しますが、それらは一切メンテナンス不要というわけではありません。中には水遣りが必要ない植物が存在しますが、わずかな草が生えてくる事はあります。また、庭に植え付けた木でも、水遣りを必要とすることがあります。特に幼木であれば必ず必要です。メンテナンスの必要性が少ない植物の場合、気の緩みから長期にわたる放置を許しがちになってしまうもので、気が付けば枯れていたというケースは多いものです。 また、植物によってエクステリア資材を痛めてしまうケースもあるので注意が必要です。根っこが盛り上がり資材が浮き出すことや、露などによって湿気を含み易くなりサビや腐食してしまうこともあります。植物だけに限らず、エクステリア資材にも注意をはらい定期的なメンテナンスを行う事が重要となります。